私の宇宙人コンタクト

変性意識で臨む「コンタクトワーク」体験記

2021-06-20 珍しく来訪を受ける


 ここに書くべきかどうか少し迷うような、それはごく短いものだった。

 6月20日、日曜夜から日付けが変わる30分ほど前の自室内でのこと。読んでいた小説であまりに退屈な場面が長々と続き、私はとうとう手にしていた電子書籍端末を布団の上に放り投げた。もっとも読み疲れもあっただろう。部屋の片隅に半折にして畳んである布団に背を預け横になる。寝入る訳ではなく休憩のつもりなので、このもたれ具合が丁度いいのだ。

 目を瞑ると浮かんでくる、小説の内容のあれこれに思いを巡らせる。耳には読書のBGM、心地いい環境音楽が聴こえていた。思考に霞は無く、眠気でぼんやりするような状態ではない。

 少しして、思いを巡らすのも落ち着いた頃、ふと何かの気配を感じる。どうやら知らぬ間に意識のモードは変わっていたらしく、目を閉じながらも周囲を認識出来る別の視覚が働いている。

 私の左手後方、部屋の端にその存在は立っていた。その辺りは得体の知れないものがたまに現れる場所なのだが、今回は間違いなく小柄な宇宙人。ぱっと見はゼータレチクル=グレイかと思いきや、顔の造りは近いもののその輪郭は角の取れたホームベース型をしている。タイプとしては一応見かけた事があるものだ。
 
(おっ、来たのか……)

 宇宙人のほうから訪ねて来たという事実に感じ入る。コンタクトがもうずっと成功していない、ということもあって……。その辺りは後述するとして、ともかく私は嬉しい気持ちで宇宙人の来訪を認めたのだった。

 いったいどうゆう仕組みかは分らないが、私は閉じた目の中の視覚で振り返っていた。そしてすぐに、その視線を宇宙人から外し自分の正面に戻す。ふふーん、と冷静を気取りながらも、私の顔は嬉しそうにニマニマしていたはずだ。

 正面に向き直った視界には、伸ばされた自分の足とその向こうの室内が映る。近付いて来るであろう宇宙人を敢えて見ず、そうやって待つ事にした。それは背中で意思表示をする、コンタクトへの許可であり促しでもあったが、平静を装いたい小さなプライドも少しばかり。後でその機微に気付き我が事ながら笑ってしまった。

(今回はどんなことをするのかな? まあでも、お好きにどうぞ)

 クールを偽装しわくわくしながら待ち構えていると、分析的な意識が或ることに気付く。未だにBGMをはっきりと聞き取れている。それと小説について思考を巡らしていた時と、意識状態もそんなに変わっていない。これは少しばかり変だなと思う。

『物質世界』に展開するコンタクトが私に起きるとき、意識の変性の度合いはもう少し深く、その影響で幾らかぼんやりしている。思考はこんなにクリアではないのだ。これはむしろ『意識の内的世界』でコンタクトする、私の区別によるところの「明晰モード」の状態に近い。どうゆうことだろう。

 そうこうするうちに宇宙人が私の左横までやって来た。しかしどうゆう訳かエネルギーの強さをさほど感じない。そういえば部屋に現れた時もそうだった。物質世界で起きるコンタクトでは感じることが多いはず。事は部屋の中で実際に起きているようにしか思えないのだが、となるとこれは意識世界の内的体験なのだろうか?

 と、その時──私は触れられた。そっと手が置かれたのだ。

 私の両足太腿に宇宙人が手を乗せている。施術的な動作もエネルギーも無いが、リアルな肉体としての手が私に静かに添えらていた。ただ私の視線は正面を見据えるばかりだったので、視界の下端でなんとなくそれを認識している程度だった。しかし何よりも、私の皮膚感覚がありありとその手を感じている。微かな温もり、重み、部分的な肉付きの柔らかさまで。
『ああ、この宇宙人は確かにここにいる』
 私は受け入れるしかなかった。サーシャが言う通り、触れられる事による説得力とはこの上もないものだ。


 少しすると宇宙人の存在感が徐々に希薄になり始める。触れられた手の感触も弱まり、最後はフェードアウトするようにすうーっと消え去ってしまい、このコンタクトは終わった。

 宇宙人の手が私の足に宛てがわれた瞬間は「ほっ」と息が漏れそうになり、そしてコンタクトを終えれば、満ち足りた不思議な安堵感が残っていた。そう感じてしまう理由を説明したい。

 じつは昨年の春、自身の状況に小さくない変化があり、折り悪くコロナ禍の煽りを受けたことで苦境と不安に陥っていた。そんな心理状態だったせいなのか昨年は何度フィールドに出掛けてワークしても、明確なコンタクトは起きなった。
 そして今夜。停滞していた私の状況が明後日からようやく動き始めるというタイミングでの、思いがけない来訪だ。その手から優しさを感じてしまい、癒され励まされた気になるのも仕方が無い。

 蛇足だが、なぜ触れたのが太腿だったのだろう。3年前、胸を執拗に撫で回されて困ったことがあったが、こうゆう時こそ胸なのになあと、つい思ってしまう。

 さて、私が「ほっ」としたのにはもう一つ理由がある。

 物質世界でのコンタクトでは、宇宙人のほうから私の部屋を訪ねて来るのはとても珍しい事だ。例外として1990年代中頃、ある事情で数多くの来訪と接触を受けた。また何とも判別できないような得体の知れない存在もたまに来る。しかしそれを除けば本当に数少ない。

 前回の来訪は2016年の春先のこと。炬燵でうとうとしたら、高いバイブレーションとエネルギーを纏った背の高い存在が現れた。驚き圧倒され歓喜する私に
「今年は頼む」
ぼそりとそうひと言つぶやいて、その存在はさっさと立ち去ってしまった。
『えっ、なにを?』と問い返す間もない。いささか呆気にとられながら、私はその言葉の意味を考えた。

 私の野外ソロ・コンタクトワークは暖かい時期に集中して行う。つまりワークにはシーズンがある。そして2010年以降コンスタントに発生していたコンタクトが、2014年から2年間(2シーズン)ピタリと止んでしまい、どうせ今年も駄目なのだろうと諦めが入りかけていた。そんなときに異例にも向こうから訪ねて来て「今年は頼む」と言ってきた。
 だからそうとしか思えなかった。コンタクトの依頼であり予告だと。
 でも……本当に?

 本当だった。
 シーズンが始まるとコンタクトが再開されそれが続いたのだ。

 そんな訳で私は期待している。ブランクを経たこの2021年のコンタクトを。
 言葉こそ無かったが、願わくば前例どうりでありますようにと。

 ホーム 目次  
 ページ トップ